NISA

残りのジュニアNISA枠は楽天VTIで決定。

投稿日:2018-10-14 更新日:

今年も残すところあと2か月と少しです。

ジュニアNISA枠は一年に80万ほどありますが、残り枠が4万円程度残っていました。

日本株にしても、米国投資信託にしても買いのタイミングが全くなかったですが、先週の株価下落のタイミングで残りの枠を使い切ることにしました。

先週の下落がなければ、リートや日本株のどれかで埋めようと考えていましたが、なんとなく方針が決まりませんでした。

 

先週ぐらいの下げのインパクトになると、買いタイミングを見計らっていて準備している側からするととても分かり易いタイミングです。

 

ジュニアNISAも向こう5年は引き出す予定はありません。

18歳から引き出し可能になる制度ですが、その意味でいけばあと4年になりますが、直接の教育資金用の位置づけの資金でない為、長期で考えて保有し続ける方針です。

数年レベルでの期間でく考慮するからこそ、今の時期がバーゲンセールだと捉えることができると思います。

仮に来年の春にまとまった教育資金をジュニアNISAで運用していると仮定したら、今回のこの下落は恐怖そのものです。汗)

 

シュミレートしただけで身の毛がよだつ思いです。

 

あてにしていた教育資金だとすれば、とても損失が大きいです。滝汗)

 

このジュニアNISAの出口戦略は難しいですが、現時点では最低10年以上は出口戦略なしでいく予定です。

この資金を充てしなことこそが、投資を成功させるポイントかなぁと感がえてます。

 

その為には、サラリーマンのインカム収入でどうにか日々を過ごしていかなければなりません。

 

そう考えるとセミリタイヤは、現実的でないですね。

 

よほどの執着が無い限りセミリタイヤは現実的な選択肢に入らないかもしれません。

 

そんなに働くことが苦痛ではないですし、かといってやりがいがあるかといえばそうでもないですけど。。。

 

一度転職はしましたが、学校を卒業して機械系エンジニアとしての職をかれこれ20年近く続けています。

 

主な役職はありませんが、後輩を育成したり、若手への教育が最近喜びになってきました。

 

自分がやりたいことがやりがいのある仕事だ! なんて昔は考えてましたが、だんだんとその心境も変わりつつあります。

 

自分がやりたいことよりも、自分にはどんなニーズがあるのかが大切ではないかと考えるようになりました。

 

周りに必要とされているのならそれだけで十分で、毎日目の前のことをしっかりとやる。

それ以上でもそれ以下でもない心境です。

 

仕事に対して利己的な考えから利他的な思考に変わってきているのかもしれません。

 

優秀な後輩が育ってくれるのは素直にうれしいです。

 

何なら遠い将来自分を追い抜いて上司になってくれてもいいんじゃないかと思うくらいです。

 

それほど会社に対しては、多くを求めることはしなくなりました。

 

やる気がない訳では決してなくって、いわゆる出世欲みたいなものはほとんどほとんどなくなりましたね。

 

これも投資を始めて経済や社会の仕組みを自分なりに勉強してきたからかもそう思うのだと思います。

 

集団の中で、必要とされて何らかの役割があり後世に技術やノウハウをも残していければサラリーマンとしては十分ではないでしょうか。

 

 

話がかなりそれましたが、楽天VTIはジュニアNISA以外の特定口座でも少し追加投資しました。

 

このタイミングは今年2月にも下落時期がありましたが、それに匹敵する買いタイミングだと考えてます。

SBI証券口座の方もポートフォリオを見直して、買い付けの検討をします。



-NISA

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジュニアNISAポートフォリオ公開。6月度分(投資信託編)

ジュニアNISA6月分の投資信託編です。 先月以降の成績はNISAカテゴリーから閲覧できます。 約1か月前から含み益が2倍になりました。 市場も今年4月の水準にもどりつつあります。 投資信託の90%は …

ジュニアNISAポートフォリオ公開。1月度分(投資信託編)

ジュニアNISA1月分の投資信託編です。   一か月前と比較して約13万円程度改善しています。   年末年始の変動の激しさには参りましたね。   結果的に売りも買いもせず …

つみたてNISAポートフォリオ公開(9月度)

積み立てNISA9月度分の公開です。(2口座分です) 全ての銘柄において先月よりアップしています。 日本株インディックスも先月はマイナスでしたが今月はプラスに転じています。 メインで考えている楽天全米 …

楽天の積み立てNISAはクレジット決済で決まり。

今年のつみたてNISA枠をSBIから楽天へ移管の手続きをしていました。   SBI証券の手続きがとても面倒でしたが、楽天の口座開設は至ってシンプルで早かったです。   お正月の三が …

今年のジュニアNISA枠はeMAXIS Slim 先進国株式で決まり。

今年に入り新たにジュニアNISA枠が発生しています。積み立ての上限は年間80万円の5年間、合計で400万迄です。   全ての投資枠は使えそうにないですが、出来るだけこの非課税枠を有効に使って …

グーグルアドセンス


広島在住の機械系エンジニアです。
日本3割と米国7割を目安に個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031