雑記

サラリーマンとアリ

投稿日:2018-05-07 更新日:

連休が終わり明日から仕事というサラリーマンの方は結構いると思います。

 

人によっては仕事前日の午後から憂鬱になる、いわゆるサザエさん症候群の方もおられるかもしれません。

 

私はサラリーマン5年目位までは、サザエさん症候群で前の日の夕方から憂鬱でしかたがありませんでした。

 

今振り帰ってみると、そのころは新人で経験が浅く仕事を自分でコントロールできてなくほとんどが受け身での仕事の進め方だったので、何を指示されどうやって進めていけば良いか分からない不安と単純に経験不足の面から憂鬱な気分になっていたのではと分析しています。

 

一度だけ転職しましたが、仕事内容は同じようなメーカ技術職を20年近くやってきますので、ある程度は自分で時間を管理しながら進められるので余計な憂鬱というのはあまり無いです。

 

組織で働く以上は、集団の中の自分の役割で動きますので、忙しい時期やそうでもない時期が数年毎位で波があるように感じています。

 

この仕事の波が、働きアリとそうでないアリによく似ています。

 

アリの集団は全てのアリがまんべんなく働いているのではなく、集団の7~8割が働きアリでその他は休んでいるアリになるそうです。

 

決してサボっているからではなく、​働き者が疲れたら、普段働いていないアリが仕事を肩代わりすることで集団のパフォーマンスを維持するためのリスクヘッジをしていることが知られています。

 

​現在の職場での私はどちらかと言えば働かないアリの部類です、自らが希望してそうなっているのではなく、職場での役割や業務内容からある意味自然のなりゆきであまり忙しくない環境で過ごしています。

 

こんな時は、もっとチームや職場に貢献したいので、あれこれ提案してもがいていましたがあまりよい結果にはなっていません。

 

むしろ、あまり忙しくない環境を受け入れ、自分の役割を客観的にとらえた上で自分の仕事を進めた方が断然うまく仕事が進みます。

 

忙しくてもストレスはたまりますが、暇な時期でもストレスは溜まってしまいます。

 

そんな時はアリを思い出します。

 

サラリーマンもアリも対した差はありません。

 

生産性を上げる為、集団のパフォーマンスを維持してくことが重要で、個体の忙しさや暇な状態はさほど重要ではないです。

 

集団としての役割に集中し徹することでやるべきことが見えてきてストレスを感じ難くなります。

 

職場でストレスを感じる時は、もっぱら人間関係や他人との比較や他人からの評価の時です。

 

この点においては、アリと違って人間は大脳が発達しているのでどうしても余計なことを考えてストレスを溜めているのではないかと分析しています。

 

アリを見習って、集団のパフォーマンス(生産性)に徹し明日からの仕事に取り組んでいきたいなと思います。(理想論ですが。。)

 



-雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カープチケット販売に並ぶ人達は並んだ時給の事を考えているのかな?

早くもプロ野球のシーズンが来ようとしています。カープ人気は今年も健在で球場チケット窓口にはテント泊で何日も前から並んでるとの趣旨の新聞記事が掲載されていました。     人気がある …

車はいまだに贅沢品?諸費用がバカにならないけど生活必需品

今月は車の車検時期です。   住んでるところは広島市の郊外でバスや電車もあるので車がまったくいらないかといえばそういう事情でもありません。   普段の家族の買い物や通学の送り迎え等 …

組織の中のサラリーマン

今日の世間の話題はプロ野球のドラフト関連で賑わってました。深夜のアメトークでもドラフトパロディをやっていて面白かったです。   企業の組織も状況に応じて編成があります。毎年新人や都度派遣社員 …

ジス イズ オオサカ。太陽の塔の内部は得体の知れないベラボーな世界。

青春18切符の夏休み二日目は、大阪まで足を運びました。 四国の高松からの神戸までフェリーで渡り、船旅も満喫しました。 今日はかねてから興味のあった太陽の棟の内部を見学しました。 予約制で、中々取れない …

音楽を提供している人達は、演奏というサービスを提供しているのに自らも楽しんでいる不思議。

投資は文字通り投げて資する行為です。   株主が経営者に投資して労働者が働き企業が業績を上げて利益を得て株主に還元することです。   その関係性の中では企業や団体が社会へ何らかのサ …

グーグルアドセンス


広島在住の機械系エンジニアです。
日本3割と米国7割を目安に個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031