日本株

JUKI(6440)は一生添い遂げるつもりで運用中

投稿日:2018-02-27 更新日:

株式についてには日米共通の方針があります。

それは
一生持ち続けるつもりで買うことです。
​​​
結果的にJUKI株は数回売買してますが、それは利益確定が目的で、決して損切はしません。

株の売買の常識して、ある程度の損が出たら、これ以上の損(リスク)は取らないことを目的に損した段階で確定する行為を損切と言いますが、私はこれが嫌いです。

一生付き合えばいいのです。

そして下落しているならば買い増して評価額を下げ(ナンピン買い)ることをお勧めします。

JUKIは2007年ごろに買いそのごリーマンショックを受け7割くらい下げました、その後コツコツとナンピン買いを繰り返し、利益が出た段階で売却し、下がった段階で買いを数回繰り返しました。

 

株の未来は決して予測はできませんが、一生添い遂げるつもりで付き合うと上記のような取引をしても全くストレスが無かったですし、頭を悩ます必要もありませんでした。

 

結果的に少額ですが、元本は数倍になり、現在も保有しています。

 

損すれば売ることは無いですし利益がでていればある程度のところで確定させるでしょう。

 

一生添い遂げるつもりでという方針は

 

人間関係で例えると、人付き合いや結婚に似ています。

 

なぜなら別れる前提では付き合わないと思うからです。

​結果として関係が壊れる(株の世界では上場廃止)場合はありますが。そんな人(銘柄)とは付き合わないことです。

 

人間関係の中では人付き合いは難しいですが、株の銘柄選定はそこまで難しくないかもです。​(^^♪



-日本株

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

KYBの品質に死角なし。品質第一企業。データ改ざんは問題だが。。。

今週はダンパーのメーカーで有名なKYBのデータ改ざん問題が世間を騒がせました。 問題の装置は建物に使用されている免振装置や制振装置といったものです。 今日のKYBのホームぺージはとてもつながり難く、日 …

日本株ポートフォリオ(8月度分)うえぞんの投資方針3原則。

日本個別株のポートフォリオを公開します。 NISA以外の日本個別株のポートフォリオ公開はお初になります。 現時点の評価損益はプラスマイナスゼロ付近です。   ほとんどがマイナス運用になってい …

no image

丸紅を購入

日本株長期投資第一弾。 商社株の丸紅を購入しました。 ジュニアNISA株て100株ほど。 日本の総合商社 丸紅は電力事業に力を入れている企業。 今後の脱炭素化社会の波に上手く乗って行く感満載な感じかし …

日米株好調の中、ひふみプラスを一部解約

去年のクリスマスショック辺りから比べると、日米株式とも絶好調です。 買いの欲望にそそられますが、信託手数料の高いひふみプラスを売却しました。 本日時点の保有状態はちょいマイナスです。 一時は3万くらい …

ひふみ投信でスクリーニング。SGホールディングスの売却を検討

昨年の一番の大型企業の上場で話題を呼んだ佐川急便で有名なSGホールディングスを3月に買い付けていました。     選んだきっかけは、ひふみ投信の組み入れ銘柄の5位以内に入っていたの …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2018年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728