NISA 日本株

ジュニアNISAの残り投資枠で株主優待銘柄を購入

投稿日:2018-04-18 更新日:

ジュニアNISAの残り投資枠に、優待銘柄を選びました。

 

優待利回りが場合によって10%以上にもなりえるヤマダ電機【9831】です。

 

日本の家電業界はここ数年横ばいを推移しており決して右肩上がりの産業ではないと感じていますので、キャピタルゲインは望めない予測です。

 

しかし、ヤマダ電機株の魅力は優待利回りの高さでしょう。

 

単元株の100株が一番効率がよく、2年以上の保有で優待利回りが12%付近にもなります。

 

優待券は有難く使用するつもりです。近所に大型店があり、日用品も売っているので、大きな価格の家電を買わなくても日用品で消費できるのでお得と判断しました。

 

ここ最近の家電の買い方としては、まず個人がネットで最安値を調べてネット経由で購入することが主流になっているのではないでしょうか。

 

店頭販売が縮小していくとは思いますが、決して無くなることはないでしょう。

 

現物を見て使って店員と対面しながら販売するこれまでの方法は決しなくなることはないと思います。

私の家のテレビはちょうど1年前に、近所のヤマダ電機で買いました。

 

それまでブラウン管テレビを粘って使っていたのですが徐々に画面が暗くなってしまうため寿命と判断し、買い替えを検討していました。

 

当然ながらネットで仕様をチェックし、費用対効果の高いものをいくつか候補にあげネット注文する予定でした。

 

ネット注文は便利ですが、いくつかのデメリットもあります。

 

まず、送料がかかります。40型以上なら3000円前後でしょうか。
無料にはなりません。

 

また、保証期間がメーカー保証しか付かない場合がほとんどで、付いたとしても有料です。

 

そして何より、パソコンやスマホ画像でしか判断できない為、実際の品質を実感することができません。

 

せいぜい口コミや他人の評価を読む程度になります。

 

その点、店頭販売では上記のすべてが解消されます。

 

店頭に行く交通費はかかりますが、車で行けばそのまま商品を持ち帰れますし他の用事も兼ねればたいした出費ではありません。

 

また、家電量販店で購入すれば、TV等の高額商品は店独自の保険がついていてお得な期間で保証されます。

 

そしてなによりも店頭では実際に見れて触れて使用することができます。
心配事や疑問点はお店のスタッフの方が親切に説明してくれます。

 

ネットで最安値を知ることが個人で簡単にできますので、どうしても店頭価格とのギャップが店頭で買う悪材料になりますが、そこはお店側も織り込み済で、スマホ片手にネット上の最安値を調べて、さらにお得な条件を提示してくれます。

 

スタッフの方も必死なので、わりと簡単にネット最安値まで交渉できますし、それ以上の値引きも可能です。

 

私がテレビを買った際のスタッフさんは何度も店の裏側に行って上司と確認をとってネット価格よりもお得な値段を提示して交渉してくれました。

 

一連の交渉を通じて、店頭で買うつもりが無かった私でしたが、単純にスタッフの方の熱意と誠意に負けてしまい、結果的に衝動買いになりました。

 

感情で買い物をしてしまった結果ですが、全く後悔がない良い買い物だっとだと思ってます。

 

おおげさですが、人とのコミュニケーションを直接感じながら購入することにメリットを感じることもあるので、決して店頭販売が無くなることは無いでしょう。

 

最近では、蔦屋家電のようにあたかも自分の家の中にいるような快適でくつろげる空間と時間を提供して商品を売るスタイルもありますので、ネット販売に淘汰されることはないと思います。

 

ネット販売が主流だからこそ、店頭販売の良さを改めて経験できました。

 

株価に戻りますが
冒頭のヤマダ電機も、右肩上がりとはいかなくても堅調な成長は続けるとおもいます。

 

なんせ売り上げは業界トップですし、ネット販売、店頭販売、その他新規事業を模索しバランスを取りながら生き残ってくれるでしょう。

 

スマホやパソコン画面で商品を決めるのは、ベストな選択肢なのか考えさせられます。せいぜい情報収集程度にとどめた方がよいのではと思います。

 

外出がてら店頭に足を運び品定めしながら、お店の人としゃべって商品を決める温もりを感じる購入方法は今後も不滅です。

 

なのでヤマダ電機も不滅でしょう。



-NISA, 日本株

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジュニアNISAポートフォリオ公開。10月分(日本株式編)

ジュニアNISAポートフォリオ日本株式編の公開です。 今月に入り日本市場が好調なのでTOPIXの含み損が圧縮されています。 ビックカメラは一般口座からジュニアNISAへスイッチングしたので、ポートフォ …

2020ジュニアNISAの買い付けはドルコスト平均法作戦で。(1回目)

今年もジュニアNISA枠をドルコスト平均法で積み立て投資を行います。 年初初の買い付けは、ファンドオブザイヤーで大賞の eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) を買い付けました。 米 …

食料品の値上げは消費者に大打撃! でも株主にとっては朗報です。

資源国ではない日本にとって、生活や工業製品に使用する原材料の高騰は生活用品の値上げに直結します。   食料品では小麦やバター、工業品では原油や鉄鋼品等です。 生活用品値上げの度に、メディアで …

楽天クレジットカード。NISAで強制つみたて。

楽天カードを使えばクレジット決済で投資信託が購入できます。 7月に海外旅の為、楽天カードの種類をゴールドからプレミアムに変更しました。 目的は海外保険の充実と空港ラウンジが使用できるプレミアムパスのカ …

ジュニアNISAポートフォリオ公開。6月分(日本株式編)

ジュニアNISAポートフォリオ日本株式編の公開です。     先月に比べてリート株が微増しトピックス連動型が微減しています。 これだけを見ても、日本は不動産が好調で株式市場が低調だ …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2018年4月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30