メンタル

睡眠はメンタルやストレスにほんと効果的。

投稿日:2021-06-10 更新日:

仕事でストレスフルな状態では睡眠がとても重要です。

在宅勤務でずっと家で仕事するのが当たり前になってきてます。

一日12時間以上パソコンに向き合った日もあります。

そんな日でも睡眠時間はしっかり確保しました。(意識的に)

通勤時間がない分、くたくたに仕事しても、終わった瞬間にご飯食べれるし、最悪作業しながらも取れます。

出勤してオフィスにいたらなかなかできません。

それにお風呂も仕事と終えた瞬間にはいることができます。

なので、仕事が終わってから寝る前のリラックス時間が十分にとることができたし、次の日も仕事始める時間の5分くらい前までぎりぎりまで寝て、仕事をし始めました。

それぐら意識的に睡眠をとりました、寝れなかったらまともに仕事に取り組めないなと、何となく体が反応していたのだと思います。

精神的には仕事でつらくストレスふるな日が続きましたが、睡眠を十分にとれたこととで、身体的な不調は最低限に抑えてれていたと感じてます。

平均で7~8時間くらいは寝れてました。

これがメンタルで睡眠障害に陥っていったら、多分長期休業や、薬の服用などになっていったでしょう。

ストレス過多で仕事中はしんどかったですが、いざ寝てしまえば、仕事のストレスを感じることなくぐっすり寝れていたことは、とても良かったことでした。

今後もいつメンタルになるかわからないです。ストレスで寝れない日が続けばメンタル疾患に重要なサインになるのだなと実感しています。

 



-メンタル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私、メンタルで病みました。

サラリーマン歴20年以上やってて初めてメンタルで病みました。 一日の大半をサラリーマン時間として過ごしています。もうかれこれ20年以上。 その仕事で悩むことなどほとんどなかった私ですが、初めて仕事上の …

結局人の能力なんて大した差はない、人間関係が大変を占めてる。

サラリーマン長年やってますが、優秀な人とそうでもない人の差なんてほとんどないのかなって思います。 どちらかといえば、どんな人と接して仕事をしていくかの方がはるかに重要です。 私がメンタルで病んだ原因も …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930