旅の備忘録

旅の備忘録@ヤイリギター工場見学編

投稿日:2017-08-05 更新日:

今年のお盆休みの前にまとまった休みを充て約2週間程度の長期連休にしてます。

旅のメイン目的は富士登山です。

しかし今週は台風が富士山を直撃する予報。登頂アタック日は台風一過を狙って広島から車移動でボチボチ寄り道しながらの旅にします。

今日のメインの寄り道は、国産ギターの聖地ヤイリギターの工場見学に行きます。

場所は岐阜県、広島からざっと六時間ほど、午後からの見学者時間に間に合うように早朝に出発します。

出発して二時間程して高速PAで持参のおにぎりで朝食をとり腹ごしらえ。

昼までに岐阜県まで一気に移動します。

移動中の休憩場所でヤイリ工場見さんへ電話。基本的に事前予約が前提ですがダメ元で見学依頼。広島から移動している旨を伝えると快諾してくださいました。

もしも無理なら、ヤイリ工場周辺の宿を予約していたのでそのままチェックインするつもりでしたが、ご縁があってよかったです。

工場事務所で受付を済ませて、二階のギター展示&販売室で待機。

しばらくすると案内役のお兄さんが登場し、これからの見学スケジュールをざっと丁寧に説明してくださいました。

まずはギター素材である木材の説明。

アコギは大きく分類すると、一枚板の単板と、繋ぎ併せる合板があります。

音の鳴りは単板の方が良いとされているのでギターの価格は高価ですが、造る手間は合板のほうがかかるとのこと。

製造の一般常識として造る手間がかかる方が販売コストは高いんですが、ギターの世界は違うようです。

音か良いものが高価なんです。

楽器の世界ではあたりまえかもしれないですが、ちょっと衝撃的でした。

アコギは大きく分類すると、一枚板の単板と、繋ぎ併せる合板があります。

音の鳴りは単板の方が良いとされているのでギターの価格は高価ですが、造る手間は合板のほうがかかるとのこと。

製造の一般常識として造る手間がかかる方が販売コストは高いんですが、ギターの世界は違うようです。

音か良いものが高価なんです。

楽器の世界ではあたりまえかもしれないですが、ちょっと衝撃的でした。

素材置き場には、懐かしい方の販促品が、おかれてました。

素材置き場を少し歩くと、

食堂兼ステージがありました。

温故知新が素敵にかざってあります。

隣の写真はポール・マッカートニー。

食堂の廻りには工程毎のギターが飾れています。

素敵すぎる工場内食堂です。

ガラスケースに入ったギターもありました。

凄く高価なんだろうなぁ。

工場で働いている人は、誇らしいでしょうね。うらやましいです。

食堂を後にして

実際の製造現場を見学。

ちょっと楽しい注意喚起の貼り紙。

あっ。桑田さん発見。ヤイリの愛好家でもあるんですねぇ。

ヤイリギターは基本的に永久保証。

購入されたギターもいろんな事情で工場に戻って修理や調整がおこなわれていました。

様々なアーティストが、ヤイリギターを愛しています。

ヤイリの有名な職人さん。

他の見学者が写真撮影を依頼していましたが、気さくに応じておられました。

ここにもオーナーから預けられたギターがたくさんあり、調整まちでした。

作業場には基本冷房は完備されてなく、職人さんは汗だく。塩分と水分補給の飲みものがそこらへんに。

なかなか完成形では見ることのできない、途中工程のギター。

音の性格に合わせて、内部も異なってます。

8月お盆休み前のうだるような暑さのなか黙々と作業されています。

細かな作業工程が書かれた書類。

あっ。泉谷さん発見。

途中工程の部品置き場。

ひんやりとした部屋。

冷房が完備されてました。

職人さんの作業場は冷房はなく、部品置き場には冷房完備の徹底ぶりに脱帽です。

部品倉庫内は音楽まで流れてます。

部品倉庫の外は一変して灼熱地獄。

素敵な工場内ゆるキャラ発見。

整理、整頓、清掃、清潔とは。

先人からの教えが書かれてます。

職人さんのちょっとした息抜きでしょうか。

細かや作業指示書。ひとつとして同じギターはなく、個性がそれぞれあるですねぇ。

フレッド厚さのサンプル品。

塗装工程。

整然と並べられ塗装待機中。

マスクして、表面を磨く職人さん。

ここは最終調整の工程。

職人さは真剣そのもの、声すらかけれない雰囲気でした。

先人の教えが、あちらにも

こちらにも。

オーナー返却のギターが本当にたくさんありました。

完成品倉庫にも音楽が流されていました。

ヤイリの社長さん?

グラインダー作業。

おっ。長渕さん発見。

ペイント作業中。

工場見学は一通り終了。

少し休憩したあと、案内役のお兄さんか

一曲披露してくれました。

曲は吉田拓郎の洛陽。

マジで感動。ギターも歌声も心に響きました。

ヤイリには著明なファンがたくさをいるんですね。

GRAYもヤイリファンなんですね。

見学終了して時間はすでに夕方。

小腹か空いたので、地元名物の草団子をおやつに。

 

今日の晩御飯は、ヤイリ工場事務所の方が薦めてくれたウナギ専門店に。

国産うなぎに大満足。

食後は直ちに今日の宿に移動。

川沿いの落ち着いた宿でした。

ただ宿の主人は落ち着きなく、話が異常に長いちょっと残念なご主人でした。。

夜は宿の向こうで、花火大会が地元でテレビ生中継もある規模の大きな大会でした。

花火の音だけをバックに疲れたので早めの就寝。

富士登山寄り道の旅一日目、ヤイリ工場見学終了。



-旅の備忘録

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

旅の備忘録@三島SKAWALK編

富士登山までの寄り道の旅 三日目。 昨日は自動車博物館を堪能して静岡の有名どこホテルにお得価格で宿泊。 旅の備忘録@自動車博物館めぐり(トヨタ・ホンダ)編 とても部屋が広くてリラックスできました。日曜 …

旅の備忘録@酒の都 西条 呑んだくれ編

今日の広島はは絶好の晴天でお出かけ日和でした。 今日は友達とぶらり日帰り列車旅の一日でした。 場所は自宅から車で約1時間、電車で1.5時間の県内にある古くからの酒の都 西条へぶらり列車旅です。 &nb …

元日は宮島で日帰りの旅行で初詣。

元日は広島観光で最も有名人と行って良い宮島に初詣を兼ねて行きました。 昼前にフェリー乗り場に付き約10分の船旅。この時点でかなりの人。 外国人っぽい人はまばらな感じ。 家から出発して90分程度で宮島に …

旅の備忘録@廃校編

3連休は県北の限界集落の廃校で一泊しました。 広島市内から高速をつかうと100分位の場所にある県内でも有数の豪雪地帯。 廃校をリノベした宿泊施設に一泊しました。 一泊朝食付きで3000円と激安。 なか …

旅の備忘録@富士登山7合目編

富士山麓までたどり着いて3日目、ついに晴れ間のチャンスがやってきました。   前日までの台風が完全に抜けました。 早速早朝のバスに乗り為、準備を進めます。 朝の6時位でシェアハウスの共同場に …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2017年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031