読書

舞子さんちのまかないさん

投稿日:

自粛生活が長引きなかなか気軽に遠出ができない日々が続いています。

なので必然的に読書の時間がふえていきます。

最近はオーディブルなど音声アプリが発達したので車の運転中でも聞きながらの読書ができてべんりです。

漫画もよく読みます。

キンドルならいくらでも読めますが、全巻ポチっとするのはなかなか勇気がいる値段になりますよね。

なので私は読みたい漫画があればまずは近くの漫画レンタルを頼ります。

それでも読みたいタイトルがなければ、メルカリ等を探します。

舞子さんちのまかないさんは、レンタルになくメルカリで全巻購入しました。

 

全巻買うとなかなかの値段ですが、電子書籍で買わずに紙媒体で買うメリットがあります。

読み終えたら、中古本ショップで買い取ってもらえるからです。

この漫画については、人気がありアニメ化予定なのもあるのか、結構な高額で買い取ってくれました。

一巻当たりの読書コストが100円台で収まりました。

漫画の舞台は古都 京都の花街。

いわずと知れた世界的な観光名所で青森から上京した中卒の女の子(スーちゃん)が舞子さんとして活躍します。

一方、おなじ境遇でも舞子さんになりそびれた友達の女の子(キヨちゃん)が舞子らのまかないさんとして居場所を見つけ、

夜に咲く花の街を懸命に生活していくほのぼの内容になってます。

京都花街や舞子のウラ事情も面白いのですが、なんといってもまかないのキヨちゃんがつくるおいしそうなまかないごはんが魅力でありみどころです。

一巻読み終えると、不思議とおなかが好きごはんが楽しみになってきます。作者の食へのリスペクトが半端ない漫画です。

現在の京都は、コロナご時世で大きなイベントもなく舞子さんたちも自粛らしい。

一度は芸者の世界も垣間見てみたい。どのくらいかかるんだろうか。。

 

 



-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

インベスターZから日本の投資の歴史がわかる

投資関連についての本はたくさん出版されています。特に米国関連でいうと大富豪のバフェット関連の本が有名です。   たくさん良いことが書いてあるとはおもいますが、私は信者にはならないように気を付 …

【東芝の悲劇】家電製品は信頼できるけど株は買わないと思う。。

  2017年に東芝の巨額損失が経済ニュースを騒がしてした時期に、ちょうどだされていたので、合間の時間をみて読んでました。   内容としては、決して許されることができない企業の業績 …

【読書】Life Shift。人生はマルチステージ化に向かう。

YOUTUBEで良く見るDAIGOチャンネルでお勧めされてる本が気になっていたので、書店で立ち読みにふけってました。   立ち読みではじっくりと読みたい内容でした。けど立ち読みの方が驚くほど …

【読書】資本論の不都合な真実。資本主義には不景気が必要。

株式投資を始めて、経済社会や資本主義に関するものに昔以上に興味や関心が向くようになりました。   必然的に今読んでる本も経済社会や資本主義に関する本が多くなっています。   経済学 …

先生の白い嘘

強姦がテーマの重たい内容の漫画です。 学校の先生と生徒の恋愛を中心の物語は進んでいきます。 先生と生徒の恋愛ものなんてありふれていますが、この漫画のテーマは強姦。 主人公の女の先生は、あり得ない関係の …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930