日本株 配当金

ビックカメラから配当金と優待券とクーポン券

投稿日:2020-05-20 更新日:

ビックカメラから配当金・優待券・クーポン券が郵送されました。

配当(1,000円)と優待(2,000円分)合わせて3000円分ほど。

株価は購入した2018年以降だだ下がりなので、配当や優待券は心強いです。

しかし、ビックカメラの今後の見通しは決して明るくないですね。

通期の配当予想が未定になり、期末配当が支払われるかどうかが不明になりました。

コロナの影響もありますが、今後も家電量販ビジネスを柱に成長していくでしょか?

首都圏に大型店舗をたくさん構えてますが、これまでの販売方法と改善で成長していくでしょうか?

正直家電なんかはアマゾン購入で十分です。

店舗型は高齢化層とかにニーズがありそうですが、都会の一等地に店舗を構える意味が薄れているのではないかと思います。

あと、店舗型は商品購入前の現物確認として利用することが多いですが、これもアマゾンの返品システムが補完してます。

アマゾンはモノによりますが1か月以内に対応してくれて、とりあえず購入してダメだったら返品すれば良いしシステムなっており消費者ファーストなサービスになっています。

これって何気にものすごいサービスです。

結果的に購買意欲が促進されてて消費につながります。

事前検討して買う場合だと検討段階までにイロイロ考えすぎてしまい購入までに至らず購買意欲がさがる方向にあります。

しかし、とりあえず購入し後からの返品システムだと、既に個賠意欲が満たされて、不良品とかでもないかぎりなかなか返品の行動には至りません。なので結局モノを買いやすくなります。

家電小売の業界でも圧倒的にアマゾンが有利ですね。

ビックカメラは家電小売り以外のビジネスの柱を作らないと株価は右肩さがりでしょう。

現在の株価ではけっこうな損失になるので、売りたいけど売れない塩漬け銘柄になってます。

損切りした方が良いかも。。

減配が決定するとさらに株価は下がっていきそうですね。

現在のビックカメラは明るい兆しが見えてこないです。



-日本株, 配当金

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

TOPIX連動上場投資信託より配当金

投資を本格的に始めてから、配当金にはあまり関心がありませんでしたが、投資に関する事を学べば学ぶほど配当金の重要性が分かり始めました。   配当金は企業の通信簿みたいなもので、増配や減配の情報 …

ジュニアNISAの残り投資枠で株主優待銘柄を購入

ジュニアNISAの残り投資枠に、優待銘柄を選びました。   優待利回りが場合によって10%以上にもなりえるヤマダ電機【9831】です。   日本の家電業界はここ数年横ばいを推移して …

日本株ポートフォリオ(8月度分)うえぞんの投資方針3原則。

日本個別株のポートフォリオを公開します。 NISA以外の日本個別株のポートフォリオ公開はお初になります。 現時点の評価損益はプラスマイナスゼロ付近です。   ほとんどがマイナス運用になってい …

ひふみプラスをナンピン目的で買い増し。

本日ひふみプラスを約20か月ぶりに買い増ししました。   目的はジュニアNISA口座の投資信託で唯一の日本株インディックスでありマイナス運用であったので、ナンピン目的です。 買い付けのタイミ …

ひふみ投信は手数料が割高。だからスクリーニングで個別株。

ひふみ投信は日本を中心にした投資信託で一番人気があります。   パフォーマンスは申し分ないですが、手数料も1%付近で割高です。   この投資信託は少額で購入していますが、メインの投 …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031