確定拠出年金

確定拠出年金の運用割合変更。株式へフルインベスト

投稿日:

確定拠出年金を外国株式へスイッチングする計画は先月で一旦終了しました。

過去の記事はこちらから。

今月は運用割を見直しを行いました。

現在の割合は

外国株式70%

国内株式20%

債券10%

の割合で運用していますが債券比率をやめます。

100%株式のフルインベストに変更しました。

 

外国株式80%

国内株式20%

にしました。

 

確定拠出の現行制度では60歳になるまで引き出しはできません。

現在でも引き出し年齢は定年延長に伴い65歳に改定される話があります。

そうすると20年程度は引き出すことできず運用期間となります。

現時点米国中心の株式フルインベストでリスクテイクしていたほうが効率がよいです。

掛金は月8000円程度です。これから10年程度はリセッションがきたとしてもアクセルを目いっぱい踏んだ方が良さそうです。

リセッションがくれば絶好の買い場です。

債券比率を上げるのは引き出し可能の5年位前が妥当だと思います。

基本的にはこれから毎月の積立をするだけの完全なほったらかしになります。

今後の利回りがどう変化していくのか定期的に備忘録しておきます。

2018から19年にかけて国内株が中心だったアセットアロケーションを外国株主体にドルコスト平均法でスイッチングしました。

この時期のスイッチングは結果的に正解でした。

一度にスイッチングせずに月1度のドルコスト平均にすることで下落相場で安い基準額に抑えることができたからです。

あとは10年20年先にこの決断がどう影響するかです。

もちろん国内よりかに米国のほうが成長代があると見込んでのスイッチングなです。

定期的に備忘録としてブログに今後も記録していきます。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
広島ブログ

 

 

 

 



-確定拠出年金

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

会社の確定拠出年金の利用者の3割が元本保証の商品を選択。資産運用の意味がないよ。。。

いま働いている会社には確定拠出年金を数年前から導入されており、退職金の一部を運用できるようになっています。 会社負担額と自己負担額はあらかじめ決められて、その範囲の金額で投資商品が選べる仕組みになって …

確定拠出年金のスイッチングをドルコスト平均法で行う。(5回目)

確定拠出年金のスイッチング作戦の5回目です。   毎月25日の給料日前後を目安に月1回スイッチング作業を行い。債券比率を下げて外国株式比率を上げていきます。   全10回を予定して …

確定拠出の運用実績ランキング公開。今年投資を始めた人はほとんどがマイナス運用。

確定拠出年金のスイッチング作業を月1回のペースで行ってます。   勤め先の会社が制度を取り入れているので会社負担と個人負担があり任意で上乗せが可能です 。 上乗せ分を申請しているので月に幾ら …

確定拠出年金のスイッチングをドルコスト平均法で行う。(1回目)

昨日のブログで書いたように、確定拠出年金のスイッチングが出来ることが分かったので、ポートフォリオの債権比率を下げることを目的にスイッチングをしていきます。   現在のポートフォリオにおける債 …

確定拠出年金の運用成績(3月度)

確定拠出年金の運用成績を公開します。 過去の成績はこちらから。 去年の7月から、外国株比率を上げる為にドルコスト平均でスイッチングを月に一回ほど行っていました。   当初18%程度だった外国 …

グーグルアドセンス


広島在住の機械系エンジニアです。
日本3割と米国7割を目安に個別株・ETF・投信信託をMIXして長期運用しています。


2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930