NISA

ジュニアNISAの日本人利用率は0.2%程度。もっと普及すればいいのに。。

投稿日:2018-07-05 更新日:

ジュニアNISAの日本人の利用率を調べてみました。

 

昨年ベースですが日本全体の未成年者の数は約2千万人。

 

そのうちジュニアNISAの口座を開いて運用しているのは約5万人です。

 

日本の未成年者全体の0.25%程度しかジュニアNISAを運用していません!!

 

正直もっと利用すればいいのにと思います。

 

金額の大少は別として、子供の為に貯蓄するのはどの親でも考えていると思いますが、銀行に預けていても金利はほぼゼロなのでメリットがありません。

 

リスク資産にはなりますが、将来の為と考えているのなら、お金は眠らせずに株や債券等の資産運用も重要な選択肢です。

長期(最低でも5年)で考えれば、NISA口座で非課税の恩恵をうけつつ、大きな利益よりもむしろ損をしない商品を厳選して限りなくリスクを減らせば、ジュニアNISA制度はとても良い制度です.

 

しかし

全体の0.25%の利用率では全く普及してないと言っても過言ではありません。

 

全年齢層で一番時間的なメリットを受けるのは、言うまでもなく子供の世代です。

 

60歳や70歳からの老後の運用とよく宣伝されてますが、人生を終えるまでの時間的なメリットが子供に比べてありません。

 

人生後半からの資産運用は証券会社や銀行の手数料稼ぎの為でよい顧客として見られているに過ぎません。

 

子供の世代こそ資産運用のメリットを最大限に享受できる世代です。

 

そもそも、複利効果などのお金に関する教育を義務教育時代に全く教育されてこなかったです。

 

少しづつでもよいので、子供にお金の話、資産や借金のしくみや複利効果、経済社会の簡単なしくみ等を義務教育での授業のカリキュラムに入れれば良いと思います。

 

経済社会の中で生きて行くわけですから、子供の頃からお金・経済に関する知識は重要できっても切れない関係です。

 

残念ですが

ジュニアNISAは子供のお金の使い道として選択肢にすら入っていないのが現状です。

 

我が家のジュニアNISA枠の内訳等はこのブログで、今後も少しずつ公開していこうと思います。



-NISA

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ジュニアNISAの買い付けはドルコスト平均法作戦で。(1回目)

投資や銘柄の勉強は継続していきますが人生は有限です。   投資について学んで行くのは楽しいですが 何時間も悩んで結論を出すより、一瞬で判断して投資にかける時間を出来るだけミニマム化してきたい …

ジュニアNISAポートフォリオ公開。1月度分(投資信託編)

ジュニアNISAポートフォリオ1月度分、投資信託編の公開です。   先月より大幅に含み益が増えています。これほど急激に上昇するのは本格的に投資を始めててから初かもしれません。 唯一マイナスリ …

今年のジュニアNISA枠はeMAXIS Slim 先進国株式で決まり。

今年に入り新たにジュニアNISA枠が発生しています。積み立ての上限は年間80万円の5年間、合計で400万迄です。   全ての投資枠は使えそうにないですが、出来るだけこの非課税枠を有効に使って …

積み立てNISA実績の公開です。(1月度)

積み立てNISA実績の公開です。(1月度) 先月に引き続き、ほったらかしでパフォーマンス好調です。 SBIバンガードを毎日積み立てしている以外は特になにもしていません。 毎日積み立ても、一度設定してお …

ジュニアNISAの買い付けはドルコスト平均法作戦で。(5月度分)

ジュニアNISA枠をドルコスト平均法で積み立て投資。5月度分です。 今月買った投資信託は、楽天証券で積み立て買い付けランクトップの商品を選びました。 楽天証券でランキングの3冠になってます。 eMAX …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2018年7月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031