日本株

なぜ神戸製鋼(5406)をバリュー投資できたのか?

投稿日:2018-02-22 更新日:

’17年10月頃に神戸製鋼データ改ざん報道があり、株価は3割近く下落しました。

 

しかしこれは買いだと考えました。

 

改ざんの報道があったときに、なにがどのように改ざんされたのか具体的には一切報道されていなかったからです。

 

鉄鋼にはJISであらかじめ化学成分の規定があり、その値から外れればトクサイ(特採)という取引手段があります。

 

トクサイというのは通常取り決められた仕様に対して、外れているのだが性質上問題がなければそのまま取引される。商慣例のことです。

 

トクサイは製造業界では特別なことではありません。

 

報道ではトクサイは十年以上前からおこなわれていたそうです。

 

つまり、製品に実際に使用しても問題ないと判断し取引していたということで、

 

単純に業界で通用していたトクサイの商慣例が今の世の中に受け入れられなくなり改ざんととられてもおかしくない為報道されてしまった。

 

時代遅れの取引で会社のイメージが悪くなっただけで、売っている品物そのものの品質はほとんど問題がないので株価は下がったが潜在的な価値は下がったわけでない。

 

ということです。なので買いました。

 

 

一方で
鉄鋼の納入先から、製品上の問題が見つかる等のクレーム等があれば全く別話です。

 

エアバックでリコール問題を起こしたタカタ(7312)の場合は、エンドユーザーからの指摘(怪我)が発端でした。

 

この場合は、ほぼ間違いなくアウト(株価暴落)です。しかもユーザーへの対応がずさんで火に油を注ぎました。

 

現在タカタは経営破綻して上場廃止となっています。



-日本株

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロケットベンチャーに不動産投資。

日本の数少ない成長産業であるロケット分野について、その一躍を担うであろう企業に投資しました。 北海道大樹町にある、ロケットベンチャー企業のインターステラテクノロジーズです。 投資の形態は、同会社が新設 …

ポートフォリオ公開 4月(日本株&投資信託)

4月度のポートフォリオを公開します。   内容は日本株と投資信託の合計になります。   2月3月の日米株価下落のあおりを受けているので​マイナスです。     …

食料品の値上げは消費者に大打撃! でも株主にとっては朗報です。

資源国ではない日本にとって、生活や工業製品に使用する原材料の高騰は生活用品の値上げに直結します。   食料品では小麦やバター、工業品では原油や鉄鋼品等です。 生活用品値上げの度に、メディアで …

日本M&A【2127】とコカ・コーラ【ko】より配当金

日本個別株の日本M&A【2127】から配当金の連絡がありました。   額面は単元株以下の保有なので配当金も微々たるものですが、それでもインカム収入で鉄板の不労所得には変わりありません …

エフピコ【7947】を売却。

S株で購入したエフピコを売却します。 コロナショックの煽りを受けていない数少ない日本銘柄のひとつではないでしょうか。 過去1年の株価はこんな感じ。 変動幅が他の銘柄より小さく下落のあまりありません。 …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2018年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728