旅の備忘録

旅の備忘録@富士登山待機編

投稿日:2017-08-08 更新日:

富士山麓までたどり着いて、登頂アタックのチャンスを検討しています。

 

昨日までの大型台風は富士山を直撃したものの、明け方からは大雨も小ぶりになってきて止み間も多くなってきました。

山頂アタックのシュミレーションを兼ねて今日は朝4時過ぎに起床。

人生初のシェアハウスのリビングでくつろぎます。

 

自宅に居るような居心地の良さです。一泊4000円程度でした。

外国人旅行客向けに作られてますが、日本人でも十分です。

 

今日は未だ天候が思わしくないので、丸一に待機決定です。

リビングで富士山麓の観光施設をじっくり眺めていいました。

いくつか観光名所に目星をつけて早朝ドライブしながら今日一日は体力を温存しつつ観光三昧です。

 

まづたどり着いたのは、ドライブしてても楽しい湖周辺。

富士山は拝めなかったですが、早朝だということもあり観光客はいませんでした。

 

富士山が望めれれば最高の場所です。しかしまだ雲は厚め。

 

台風一過なのでもう雨降ることはないはず。。

本栖湖を堪能したあとは、近場の博物館を目指します。

無料博物館がありました。

中を覗いてみましたが、パットする展示物はなくあっさり退出。

そのまま車を走らせること30分。

富士山麓の観光名所めぐりの定番の場所を目指します。

 

 

だんだん富士さんが顔をだしてくれました。このままいけば登山開始は明日の朝にきまりそうです。

 

辿りついた場所は、富士山麓の澄んだ水がすばらしい場所です。

 

 

いやー観光客がわんさかいました。ぱっとみてアジア圏の人が多かったですね。

観光バスも何台も止まってたし、辺りは外国語ばかりが飛び交ってました。

 

画僧では分かりませんが、無茶苦茶透明度が高い池でした。

 

観光客向けに販売していた桃茶が絶品。思わずお土産で購入。

 

ひと通り辺りを散策して、小川たどり着くと、キッズが魚を捕ってさばいてましたね。

水がきれいなので魚もおいしいはず。キッズ達は食べる為にさばくというよりかは解剖みたいなことしてましたが。。

 

背丈以上に伸びたともろこし畑から富士山が一望できます。

 

昨日までまったくやまの全容が分からなかったですがだんだんと天気も回復。

日本一の山容が現れ始めました。

 

すでに時刻はお昼を過ぎてそろそろ昼めしタイム。

 

選んだ場所は

 

山梨県のソウルフードを食します。

 

 

 

元祖ほうとうと呼ばれる店に到着。13時を過ぎてもひとはいっぱいいました。

一番オーソドックスな一品を注文。野菜がたくさん入っていておなか一杯になりました。

 

 

今日は朝から何も食べていなかったですが、この一食で大満足。

 

職場の同僚が山梨出身で彼おすすめのソウルフードを食せて良かったです。

 

動けない位お腹がいっぱいになりすぎたので車で小休憩。

まだ15時くらいでしたが明日の登頂にそなえてシェアハウスに戻ります。

 

地元新聞を読みながら、受付の大学生と談笑。海外のひともちらほら。

多様性にとんだシェアハウスでとても感激しました。

安いし人との触れ合いができるシェアハウスいいなって思いました。

ただ共同で寝るので、就寝がバラバラ。夜中にゴソゴソされたり夜中到着の観光客がいれば熟睡ははっきりいってできないです。

それがシェアハウス唯一の弱点ですがそれ以外は快適そのものでした。

今日も明日の登頂に備えて早め就寝。

しかし周りがうるさすぎてなかなか寝付かなかったですが。。。



-旅の備忘録

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

激安旅の備忘録@ホーチミンでバイク快走編

遂に人生初のアジア圏一人バックでホーチミンに舞い降りました。 空港に降り立ったのは午前一時、SNSを駆使して、現地の方が快くアテンドしてくれたおかげでスムースにタクシーでホテルについて、フォーはまでご …

Go to トラベルで黒部の太陽立山へ。3日目

雄山を登頂後、麓の山小屋雷鳥荘に宿をとり、登山のつかれを癒しまた。温泉もあり冷たい水も豊富で、快適に過ごせました。 富士山登頂時の時とは異なり、立山は自然のめぐみか豊かですです。富士山は森林限界超える …

Go to travelキャンペーンで、秘湯の秋田へ。3日目その2

秋田新幹線で田沢湖を出発、新幹線と同じ線路を使用した、ローカル線で角館駅を目指します。 角館駅に到着。 夕方の会食まで時間があるので、武家屋敷巡りします。 屋敷に入るには、幾らかの入場料が。 財を成す …

旅の備忘録@富士登山待機編

2017年の夏に旅した備忘録の公開です。   旅の備忘録@富士登山待機編

旅の備忘録@ホリエモン万博編 その2

ホリエモン万博のトークショーはその名の通り怒涛でした。 30分毎にきっちりに次から次へと登壇者が変わります。 コルクという会社社長の佐渡島さん。 飲食店は薄利多売はブラックになるばかりで、いかにブラン …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2017年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031